楽音 ~それは、めっちゃめちゃ厳選された濁った音~

いつでも何かしら「音」が聞こえています。

家の中でも、外でも、
自然の音も、人工の音も ・・・

私達の住んでいる世界には、様々な、ほんとうにたくさんの音がありますが、

ここでは、音楽に使われる音、「楽音」 について考えたいと思います。

音楽 では、少しでも 「いい音」 で聴きたい・演奏したい と 誰もが思っていますよね。

改まって言うのもちょっと気が引けますが、「いい音」って、どんな音なのでしょうか?

「澄んだ音」 と  「濁った音」 を考えてみましょう。

「最も澄んだ音」というのを、音叉や時報などの、倍音を含まない「純音」と呼ばれるものとします。
楽器の中では、リコーダーの音がそれに近いものだそうです。
特に、高い音ほど、澄んだ音に聴こえます(人の可聴範囲と倍音の関係)。
「澄んだ音」は気持ちの良いもので、天使の声(音)にたとえられることがありますね。

しかし、私たちが感動する音のほとんどが、そういった「澄んだ音」ではないのです。

いっぱい濁った成分が混ざっていて、それで心地よく感じているのです。

ヴァイオリンの弓でこする摩擦音も、ピアノのハンマーが弦を打つ打撃音も、そして伸びている音の中にも濁った音がいっぱい含まれていますよ!

この「濁り具合の絶妙さ」が、心に響く「いい音」の重要な要素になっているらしいのです。 不思議ですね☆

そして、この「いい音」に、めっちゃ厳選された「音程」が定められて「音楽」に使われています。

ピアノでは、1オクターブに12個、「27HzのA」の音から「4186HzのC」の音まで、88個の音が並んでいます。
この約4000Hzの間から88音を抽出しているだけでも「選び抜かれた88個の音たち」と言えますが、
「ド」に対して、「ソ」の音程だけを取り出して考えるに、
「気持ちの良い音程」となると、半音の 1/100 ほどの精度で存在する必要があるのです。
(音楽家や調律師は、半音の 1/1000 ほどの精度で聴き分けていますよ☆)

いかがですか?
音楽に使われる音は、「奇跡とも言えるほど厳選された音」と言えるのではないでしょうか。

「厳選された音」が 絶妙の並びや長さ・重なり・タイミング を得て 「音楽」 になっていきます。

「音楽」って、とっても贅沢ですね。

http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房 岡本芳雄