はじめに

兵庫県西脇市のピアノ調律師 岡本芳雄です。 このサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

バッハの時代、そしてまた、それ以前から現代に至るまで、
鍵盤楽器を調律するにあたっては、様々な方法が試されてきています。

神様のいたずらでしょうか・・・
一つの調の「ドレミファソラシド」でさえ、唸りのない「純正五度」と「純正三度」だけでは構成することができません。
まして、12個の鍵盤となると ・ ・ ・

『ピタゴラス音律』の手法で、「純正五度」を積み重ねると、唸りの多い「長三度」ができてしまいます。
『ミーントーン』の手法で、「純正三度」(唸りの無い長三度)を作ろうとすると、「五度」は気になるくらい濁ります。
12の鍵盤に当てはめようとすると、共に「狂った使えない音程」 が できてしまうのです。

この様に 鍵盤楽器の調律は、大昔から現代に至るまで『悩みと喜びの種』であり続けています。

『24の、どの調も気持ちよく演奏できる調律法』 が編み出されたのは、三百年ほど前、バッハが活躍した頃のようです。

現代のスタンダードである『平均律(Equal-Temperament)』に対して、
「古典調律」と呼ばれている様々な調律法には、
「五度を純正に」のコンセプトの『ピタゴラス音律』や、
「長三度の和音を純正に」のコンセプトの『ミーントーン』、
そして、バッハの時代に確立されたと言われる「どの調でも演奏できるうまい具合の調律法(Well-Temperament)」の
ベルクマイスターⅢ』や『キルンベルガーⅢ』や『バロッティ』『ヤングⅡ』また、近年発掘された『Bach’s Well-Temperament』などをさしています。

これらの調律法は、どれもよく考えられていて、調によって異なる和音の響きやメロディーの音程に、それぞれの個性が認められたものです。

もちろん現代主流で均等な美しさをもった『平均律』も素晴らしい調律法の一つですが、この古典調律と呼ばれている様々な調律法はとても興味深いものです。

古い時代の調律法が、特にクラッシック音楽にたいへん重要な意味をもっていること、
そして現代の音楽にもその影響が色濃く残っていることが、多くの研究からも明らかになってきています。

バロック音楽の時代に編み出された古典調律の持つ調性感(調による響きの違い)は、
教会でミーントーン調律などを身近に聴いて育ったヨーロッパ人にとって、 文化(習慣)そのものとも言えるのではないでしょうか。

古典調律については、著名な出版物やWebサイトをちょっと垣間見るだけでも、たくさんの方が深く研究されていて、ワクワクしてきます。
私も、調律師という立場から、感じたこと、経験したことを少しずつ発信していきたいと思っています。
音楽を愛好する皆さんの、何かしらお役に立てたら幸いです。

このサイトでは、私が開業当初(S.58)から取り組んでいる~現代ピアノへの古典調律法のこころみ~と共に、
ある音楽会で現れた『鍵盤楽器の為の十二音相環図』を紹介させていただいています。
『鍵盤楽器の為の十二音相環図』を描くようになって、「様々な調律法」の個性が、たいへん比較・考察しやすいものとなりました。

しかし、まだまだ考察や校正が不十分なことを自覚しています。
間違いや不都合がありましたらぜひご一報ください。訂正や再発見も加えつつ更新していく予定です。

これらの図は、
※個人でのご利用はご遠慮なくお使いください。その際一声かけていただけると尚嬉しいです。
(時々訂正&修正しています。出来るだけ最新にしてご利用ください)
※研究・論文発表などにお使いくださる場合は一声おかけください。(印刷用のファイルもあります)
※お断り無きご商用は厳禁です。

http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房 岡本芳雄