調律法今様

平均律VeryWellTemperament※(私のオリジナル調律) や、主だった古典調律法を現代のピアノ用にアレンジしたものをアップロードしていきます。

現代ピアノの調律に際しては、割り振り(中音域で音律の基礎を設定)で純正四度・純正五度を調律すると、低音側や高音側へ広げた際につじつまの合わないことが起こります。
高音オクターブを広めに調律するとなおさらです。
紙の上の理論ですっきりしたものも、実際のピアノ調律においては、一台一台検討を加える必要があるのです。

とは言え、概ねピアノには共通した癖があるので、それに合うように、お気に入りの古い時代の調律法もアレンジして紹介します。

※VeryWellTemperament=1984年頃から実践している私のオリジナル調律法で、現代のピアノでも、古典調律の色合いを取り入れようと試みているものです。
厚かましいネーミングの VeryWell は、SuperやHyper などと同様、理詰めで考えたものの、実は最近、ちょっと眉つばな感じがするのでつけた名前です。
そんなネーミングのちょうど良さも気にいっています。☆ (~_~;)

http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房 岡本芳雄