いろいろな「ミの音」

“ミにもいろいろな音程がある”と言うようなことを言うと、戸惑われる方もいらっしゃるでしょうか?
いやもしかしたら、皆さんならもうご存知の事かもしれません。

ミの音の不思議をふりかえるために、まずは自然倍音を考えてみたいと思います。
1つの音には、いろんな音程の音が一緒に鳴っています。
そう! 注意深く聴くときこえてくる「ソ」や「ミ」などの音のことです。

~ ギターやピアノで実験 ~
○弦の長さの半分のところにそっと触れて鳴らすと「1オクターブ上のド」がプーンと鳴ります。
○弦の長さの1/3のところに触れて鳴らすと「1オクターブ+五度上のソ」
○弦の長さの1/4のところなら「2オクターブ上のド」
○1/5のところでは「2オクターブ+長三度のミ」の音がキーンと鳴っています。
これらの音は、触らなくても同じように鳴っているのです。

普段、ほとんど倍音の存在を意識していないのは、「ドの音」に完全に調和する(唸りのない)音程で鳴っているからでもあります。

「ドミソ」の和音を想像してみていただけますでしょうか? 聴こえてきますよね!
「ドミソ」が自然と想像できるのは、「ソ」も「ミ」も、「ド」の中にある音だからかもしれません。

さて、「ミの音」にスポットを当ててみましょう。

先ほど実験しました「倍音のミ」の音程で「ドとミ」の和音をこしらえると、唸りのないどっしりした和音が聞こえます。純正三度と呼んでいます。
教会のパイプオルガンや、合唱・弦楽合奏・ブラスアンサンブルなどで聴かれる響きです。

「倍音のミ」より少し高いと、少しの唸りが生じて、ほのぼのとした柔らかな和音になります。
気の張らない普段着のようなこの響きは、きっとみんながホッとする和音だと思います。

現代主流の「平均律」では、「倍音のミ」より「だいぶん高いミ」の音になっています。
「平均律のドとミ」の和音では、たくさんの唸りが発生し、濁っているのですが、
ほとんどの人には、お馴染みの和音として普通に聴こえています。あるいは、元気のよい和音に感じることもあります。

「さらに高いミ」の「ドとミ」では、もう「その唸りの数」は聴きとれなくなって、
むしろ緊張感や不安感、また広がりのある和音としても聴こえてきます。

優れた演奏家の演奏を聴くとき、これらの音程が見事にコントロールされているのを感じる事があります。
また、それぞれの表情をもった「色々なミの音」に耳が馴染むと、益々音楽が豊かに聴こえてきます。