Bach WTC forPiano

BachWTCforPiano

『Bach WTC forPiano』

バッハ自筆の楽譜「平均律クラビーア曲集 第1巻」のタイトルページに描かれている“12個の連続した渦巻き模様”の調律法を、「現代ピアノに納まり良く設定」するために、8つの純正五度を少し濁らせ[701.8cent]に、5つの濁った五度を[697.3cent]に、そして3つの広い五度を[702.1]に微調整しました。

現代のピアノでは、インハーモニーシティーと呼ばれる現象などにより、オリジナルの調律法をそのまま調律すると、全体の納まりが悪くなると感じているからです。

『バッハの渦巻き装飾模様が調律法を表しているのでは?』は、今世紀に入ってから盛んに論じ始められたものです。

ベルクマイスターやキルンベルガーをはじめ、調律法の理論がたくさん書き残されている中、バッハが文で残した資料は見つかっていませんが、長調・短調合わせて24の各調のプレリュードとフーガが納められた「平均律クラビーア曲集 第1巻」のタイトルページに描かれた装飾模様は、考察が進むほどに、バッハが示した調律法であろうことがはっきりしてきています。

2014-09-12より北美登利さん宅ピアノで調律経過観察。
2015-07-09 北美登利さん宅ピアノで実験録音。ピアニスト:坪内久美子さん 録音:山下芳男さん
Bach/WTCプレリュード1番Cdur
Bach/WTCプレリュード8番EsMoll(♭6つ)
ラフマニノフ/クライスラー愛の喜び(C-dur)
ラフマニノフ/クライスラー愛の悲しみ(A-moll)

参考:
【濁らせた五度の度合い】(単位はcent)
ベルクマイスター[696]<ミーントーン、キルンベルガーⅢ[696.5]<バッハ印章[697.2]<バッハWTCforPiano[697.3]<バロッティ、ヤングⅡ[698]<平均律[700]
【長三度C-eの度合い】(単位はcent)
ミーントーン、キルンベルガー[386]<バッハ印章[388.8]<バッハWTCforPiano[389.2]<ベルクマイスター[390]<バロッティ、ヤングⅡ[392]<平均律[400]

 

http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房 岡本芳雄